文明の基層

長田俊樹, 杉山三郎, 陣内秀信 著

[目次]

  • 第1章 インダス文明:ネットワーク都市-中央集権的文明観を覆す(「大河文明」は本当か?-広大なインダス文明
  • インダス文字とインダス印章
  • 草原の遺跡、海岸沿いの遺跡-大河から離れて ほか)
  • 第2章 新世界最大の古代都市テオティワカン:英知の集積としての都市(閉ざされた空間の多様性
  • 文明の萌芽
  • 認知能力=知恵こそが、文明の基盤をなす ほか)
  • 第3章 水都ヴェネツィア:交易都市から文化都市へ(水と共生する町、ヴェネツィア
  • 逆・中央集権的構造都市-複雑に交差する水と陸のネットワーク
  • 都市を解読する ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 文明の基層
著作者等 杉山 三郎
長田 俊樹
陣内 秀信
書名ヨミ ブンメイ ノ キソウ : コダイ ブンメイ カラ ジゾクテキ ナ トシ シャカイ オ カンガエル
書名別名 古代文明から持続的な都市社会を考える

Bunmei no kiso
出版元 大学出版部協会 : 東京大学出版会
刊行年月 2015.6
ページ数 78p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-13-003152-3
NCID BB19043917
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22643877
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想