里海資本論

井上恭介, NHK「里海」取材班 [著]

「地球の限界」を救うモデル。それは、瀬戸内海の"里海"にあった。ムダとされたものが「ここにしかない生き方」を生み、人間以外の命もつなぎ直し、経済も暮らしも再生させている。SATOUMIという瀬戸内海生まれ、日本発の概念は、いま世界中で注目を集めているのだ。40万部突破の『里山資本主義』取材班が日本の未来を更に拓く!!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに 「里山資本主義」から「里海資本論」へ
  • 第1章 海からの地域再生-古き筏が瀬戸内海を変えた
  • 第2章 「邪魔もの」が二一世紀の資源-「里守」が奇跡の海を育てた
  • 中間総括 「地球の限界の克服」という課題-マネーとは異なる豊かな解決策を
  • 第3章 「SATOUMI」が変える世界経済-「瀬戸内海生まれ日本発」の概念が広がる
  • 第4章 "記憶"と"体験"による「限界」の突破-過疎の島が病人をよみがえらせる
  • 第5章 広域経済圏となる「里海」-大都市でも「里山」「里海」はできる
  • 最終総括 里山・里海が拓く未来-有限な世界で生命の無限の可能性を広げる

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 里海資本論
著作者等 井上 恭介
日本放送協会
NHK「里海」取材班
書名ヨミ サトウミ シホンロン : ニホン シャカイ ワ キョウセイ ノ ゲンリ デ ウゴク
書名別名 日本社会は「共生の原理」で動く
シリーズ名 角川新書 K-33
出版元 KADOKAWA
刊行年月 2015.7
ページ数 226p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-04-082013-2
NCID BB19024355
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22621139
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想