ひらく美術

北川フラム 著

世界最大級の国際芸術祭「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」。新潟県の里山を舞台に、美術による地域再生を目指して、3年に1度開かれている。本書は、その総合ディレクターによる地域文化論である。文化による地域活性化とはどのようなものか。人と人、人と自然、地方と都市が交わるためにはどうすればいいのか。さまざまな現場での実践をもとに、地域再生の切り札を明かす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 自分のいる場とかかわる-地域と人間の関係を探る
  • 第2章 越後妻有と向き合う-過疎と人口減少のなかで
  • 第3章 美術で地域をつなげる-地域の特色を明らかにするには
  • 第4章 美術の働きを発見する-旅・場所・人々をつなぐ力
  • 第5章 人と人とを交える-サポーターと地元の人々のつながり
  • 第6章 日本の地域を生きる-現代資本主義の限界の先へ
  • 第7章 未来をひらく-学びが次の展望を拓く

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ひらく美術
著作者等 北川 フラム
書名ヨミ ヒラク ビジュツ : チイキ ト ニンゲン ノ ツナガリ オ トリモドス
書名別名 地域と人間のつながりを取り戻す

Hiraku bijutsu
シリーズ名 ちくま新書 1135
出版元 筑摩書房
刊行年月 2015.7
ページ数 190p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-480-06842-2
NCID BB19012403
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22643387
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想