不確かな正義

戸谷由麻 著

部下の戦争犯罪の責任を上官に問う「指令統制責任」-本書は、現在の戦犯法廷でも焦点となるこの法理が、連合諸国が報復感情と法正義とのせめぎ合いの中で日本軍を裁いたBC級戦犯裁判における様々な審理を通して確立していったプロセスを検証する。法廷証言などの膨大な史料を渉猟し戦犯裁判研究に新しい視角をひらく労作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 BC級裁判研究の視点
  • 第1章 マニラにおける「勝者の裁き」
  • 第2章 田村裁判にみる日本の捕虜政策
  • 第3章 死の鉄道建設の鳥瞰図
  • 第4章 アジア共栄の名の下に
  • 第5章 英植民地における「大英帝国の裁き」
  • 第6章 豊田副武海軍大将の弁明
  • 終章 事例からわかること

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 不確かな正義
著作者等 戸谷 由麻
書名ヨミ フタシカ ナ セイギ : ビーシーキュウ センパン サイバン ノ キセキ
書名別名 JUSTICE IN ASIA AND THE PACIFIC REGION,1945-52

BC級戦犯裁判の軌跡
出版元 岩波書店
刊行年月 2015.6
ページ数 295,19p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-00-061046-9
NCID BB18996839
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22615488
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想