物体論

トマス・ホッブズ 著 ; 本田裕志 訳

ホッブズ『哲学原本』を平明な日本語で読む。『市民論』、『人間論』に引き続き、『物体論』をラテン語原典から初めて訳出する。ここに『哲学原本』3部作が完成し、ホッブズの学問体系の構造が明らかになる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 計算すなわち論理学(哲学について
  • 単語について ほか)
  • 第2部 第一哲学(場所と時間について
  • 物体と偶有性について ほか)
  • 第3部 運動と大きさの比率について(運動と努力の本性・特性および多様な考量について
  • 加速度運動と等速運動について、ならびに協働作用による運動について ほか)
  • 第4部 自然学、もしくは自然の諸現象(感覚と生命運動について
  • 宇宙と諸星群について ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 物体論
著作者等 Hobbes, Thomas
本田 裕志
ホッブズ トマス
書名ヨミ ブッタイロン
書名別名 De Corpore

Buttairon
シリーズ名 近代社会思想コレクション 13
出版元 京都大学学術出版会
刊行年月 2015.7
ページ数 749p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-87698-544-9
NCID BB18991518
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22612946
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ラテン語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想