風土記  下

中村啓信 監修・訳注

『古事記』や『日本書紀』が編纂された頃、人々はどのような生活をし、いかなる風土に生き、それぞれの地方にはどんな伝説が伝えられていたのか。日本各地の子細を中央政府へと報告した『風土記』には、神話と融合しながら発展を遂げる、古代日本人たちの姿が生々しく映し出されている-。下巻には、現存する「豊後国」「肥前国」に加え、後世文献が引用した『風土記』の「逸文」を収める。便利な地名、人名、事項の索引付き。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 豊後国風土記(総記
  • 日田郡
  • 球珠郡 ほか)
  • 肥前国風土記(総記
  • 基肆郡
  • 養父郡 ほか)
  • 逸文(山城国
  • 大和国
  • 河内国 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 風土記
著作者等 中村 啓信
書名ヨミ フドキ : ゲンダイゴヤクツキ
書名別名 現代語訳付き
シリーズ名 角川ソフィア文庫 A116-2
巻冊次
出版元 KADOKAWA
刊行年月 2015.6
ページ数 505p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-04-400120-9
NCID BB18968913
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22592201
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想