「北支」占領その実相の断片

田宮昌子 著

[目次]

  • 第1章 「北支」占領の実相-山西省盂県を中心に(盂県占領の拠点-城塞都市・盂県城
  • 占領と抵抗の臨界面-東会里村と仙人村
  • 占領の諸断面
  • 占領の痕-「対日協力者」たちの人生と現在)
  • 第2章 「北支」占領の担い手-ある下級将校の人生から(禅寺に生を受け、仏教者を志し、儒学を学ぶ
  • 郷里三重での入営
  • 江南での初年兵訓練
  • 豊橋陸軍教導学校での幹部候補生訓練
  • 「北支」派遣-山西省での従軍
  • 沖縄への転職と玉砕)
  • 第3章 「北支」占領の内側-時代の論理と個人の意識(遺品写真から
  • 従軍記念品から
  • スクラップ記事から
  • 生還した二人の語りから-泰次郎作品を中心に)
  • 解題 山西と沖縄-ある下級将校のふたつの戦場(圭川出征時の戦局
  • 圭川が赴任した盂県の戦場
  • 圭川の見た戦場、見なかった戦場
  • 中国から沖縄へ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「北支」占領その実相の断片
著作者等 加藤 修弘
田宮 昌子
書名ヨミ ホクシ センリョウ ソノ ジッソウ ノ ダンペン : ニッチュウ センソウ ジュウグン ショウヘイ ノ イヒン ト ジンセイ カラ
書名別名 日中戦争従軍将兵の遺品と人生から
出版元 社会評論社
刊行年月 2015.6
ページ数 351p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7845-1539-4
NCID BB18949577
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22604116
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想