景行天皇と日本武尊

河村哲夫, 志村裕子 著

古代国家統一の礎を築いた悲劇の親子。大和朝廷による九州制覇を実現させた景行天皇と、東北地方を制圧した日本武尊(ヤマトタケル)。その足跡をたどるため全国の伝承地を訪ね歩き、『日本書紀』『古事記』『風土記』の記述を裏付けた、執念の労作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 大足彦忍代別天皇
  • 八十人の皇子・皇女
  • 豊前の長峡宮
  • 豊後の来田見宮
  • 日向の高屋宮
  • 日向の神話
  • 日向の御刀媛
  • 肥の国
  • 菊池川の国々
  • 高羅の行宮
  • 倭の女王たち
  • 日本武尊出征
  • 東海の道
  • 房総から北進
  • 陸奥の国々
  • 帰還への道
  • 尾張への道
  • 旅の終わり
  • 飛躍への時代

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 景行天皇と日本武尊
著作者等 志村 裕子
河村 哲夫
川崎 日香浬
書名ヨミ ケイコウ テンノウ ト ヤマト タケル : レットウ オ セイハ シタ ダイオウ
書名別名 列島を制覇した大王
出版元 原書房
刊行年月 2015.6
ページ数 366p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-562-05180-9
NCID BB18939289
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22600595
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想