戦争と検閲

河原理子 著

「生きている兵隊」で発禁処分を受けた達三。その裁判では何が問われたのか。また、戦後のGHQの検閲で問われたこととは?公判資料や本人の日記、幻の原稿など貴重な資料を多数駆使して、言論統制の時代の実像に迫る。取材し報道することの意味を問い続けて来た著者が抑えがたい自らの問いを発しながら綴る入魂の一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 筆禍に問われて
  • 第2章 ××さ行きてくねえ
  • 第3章 戦争末期の報国
  • 第4章 敗戦と自由

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦争と検閲
著作者等 河原 理子
書名ヨミ センソウ ト ケンエツ : イシカワ タツゾウ オ ヨミナオス
書名別名 石川達三を読み直す

Senso to ken'etsu
シリーズ名 新聞紙法 1552
岩波新書 新赤版 1552
出版元 岩波書店
刊行年月 2015.6
ページ数 279,12p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431552-0
NCID BB18919157
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22614246
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想