J-POP文化論

宮入恭平 著

"社会背景がJ‐POPに影響をもたらす"という視座にもとづき、数多ある議論を再確認。社会科学的アプローチ、さらには独自の調査法を用い、時代とともに変容する環境とアイデンティティの関連を考察。「J‐POP」のアイデンティティを明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 J‐POPをめぐる諸相
  • 第2章 工業製品としてのJ‐POP
  • 第3章 ジャンル概念の混乱
  • 第4章 J‐POPの存在価値
  • 第5章 アイデンティティの行方
  • 第6章 J‐POPの立ち位置
  • 第7章 「J」が意味するもの
  • 第8章 「平成歌謡」J‐POP

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 J-POP文化論
著作者等 宮入 恭平
書名ヨミ ジェーポップ ブンカロン
書名別名 A THESIS FOR J-POP
シリーズ名 フィギュール彩 31
出版元 彩流社
刊行年月 2015.6
ページ数 203p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7791-7031-7
NCID BB18917490
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22602698
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想