石田梅岩

森田健司 著

江戸時代にあって、儒学、仏教、神道いずれにも縛られない自由な思考で、商業道徳にとどまらず、社会における人生の意味を問うた梅岩。その思想は現代においてこそ蘇らせる価値がある。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 東懸村の勘平少年(東縣村と石田家の歴史
  • 神経質だった少年期 ほか)
  • 第2章 京都で商人として生きる(神道と「人の人たる道」:黒柳家での仕事 ほか)
  • 第3章 小栗了雲という衝撃(性とは何か
  • 了雲という巨大な壁 ほか)
  • 第4章 思想家への転身(初めての講義
  • 取り扱った書物 ほか)
  • 第5章 真の学問とは何か-『都鄙問答』の世界1(初めての著作の完成
  • 『都鄙問答』の構成 ほか)
  • 第6章 商人を語る-『都鄙問答』の世界2(対立する価値観
  • 修身と斉家 ほか)
  • 第7章 心は形が規定する-『都鄙問答』の世界3(性が善であるのは何故か
  • 知は行に現れる ほか)
  • 第8章 倹約のすすめ-『都鄙問答』の世界4(文字芸者・赤子の心
  • 他者の気持ちを推し量る ほか)
  • 第9章 再説・倹約のすすめ-『斉家論』の世界(置き土産『斉家論』
  • 梅岩学の本質 ほか)
  • 第10章 人の生きる意味(独り身で道を語る者
  • 慎ましい人生 ほか)
  • 補章 梅岩亡き後の心学(活躍する堵庵
  • 中沢道二と布施松翁 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 石田梅岩
著作者等 森田 健司
書名ヨミ イシダ バイガン : シュンゲン ナル チョウニン ドウトクカ ノ コエイ
書名別名 峻厳なる町人道徳家の孤影

Ishida baigan
シリーズ名 未来への歴史
出版元 かもがわ
刊行年月 2015.5
ページ数 187p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7803-0768-9
NCID BB18913784
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22586984
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想