耳と脳

中川雅文 著

[目次]

  • 第1章 聴器(外耳・中耳・内耳)の解剖と生理(耳の構造
  • 外耳 ほか)
  • 第2章 脳と聴覚経路-脳科学の進歩を踏まえて(聞くと聴く
  • 聴覚の伝導路-古典的聴覚路と非古典的聴覚路 ほか)
  • 第3章 「聞こえ」、「聴こえ」の障害とコミュニケーション(コミュニケーションとは何か?
  • コミュニケーション能力を発揮するのに必要な要件 ほか)
  • 第4章 成長過程における聴覚障害(先天性難聴
  • 遺伝診断と遺伝カウンセリング ほか)
  • 第5章 聴こえを保持するための戦略(高齢者が取り組むべきこと・我々が行うべき工夫
  • 乳幼児の特性と支援のあり方 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 耳と脳
著作者等 中川 雅文
書名ヨミ ミミ ト ノウ : リンショウ チョウカク コミュニケーションガク シロン
書名別名 臨床聴覚コミュニケーション学試論
出版元 医歯薬
刊行年月 2015.5
ページ数 160p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-263-21534-0
NCID BB18890066
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22601362
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想