日本企業のためのコーポレートガバナンス講座

藤田勉 著

形式的な欧米流改革では失敗する!コーポレートガバナンス・コード、スチュワードシップ・コード、独立取締役やROE重視など政府主導のガバナンス改革にどう対応すべきか?何が変わるのか?理論・歴史・国際比較を踏まえ実効性のある改革を提言。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 なぜ今コポレートガバナンスなのか-日本的経営の限界とガバナンス改革
  • 第2章 コポレートガバナンスの基礎理論
  • 第3章 コポレートガバナンス法制の国際比較
  • 第4章 株式保有構成と株式発行制度
  • 第5章 アベノミクスとコポレートガバナンス政策
  • 第6章 独立取締役の効果と限界
  • 第7章 敵対的買収と株主アクティビズム

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本企業のためのコーポレートガバナンス講座
著作者等 藤田 勉
書名ヨミ ニホン キギョウ ノ タメ ノ コーポレート ガバナンス コウザ
書名別名 Nihon kigyo no tame no koporeto gabanansu koza
出版元 東洋経済新報社
刊行年月 2015.6
ページ数 274p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-492-53362-8
NCID BB1888631X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22595666
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想