戦争はどのように語られてきたか

河出書房新社編集部 編

戦後70年、必読!戦中・戦後の戦争論を初めて集成した決定版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 解説対談 加藤典洋×原武史-戦争を足場に戦後と戦前をつなぐ 原爆、天皇、市井の人々
  • コミンテルン-日本における情勢と日本共産党の任務についてのテーゼ 抄
  • 小林秀雄-戦争について
  • 石原莞爾-最終戦争論 抄
  • 大川周明-米英東亜侵略史 抄
  • 焼烏敏-大東亜戦争の理念より新秩序建設の大法に及ぶ
  • 橘孝三郎-大東亜戦の本質 抄
  • 多田憲一-戦争現象の哲学的考察
  • 近衛文麿-近衛上奏文
  • 中野重治-日本が敗けたことの意義〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦争はどのように語られてきたか
著作者等 河出書房新社
河出書房新社編集部
書名ヨミ センソウ ワ ドノヨウニ カタラレテ キタカ
書名別名 Senso wa donoyoni katararete kitaka
出版元 河出書房新社
刊行年月 2015.5
ページ数 247p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-309-24708-3
NCID BB18858391
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22596246
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想