分子レベルで見た触媒の働き

松本吉泰 著

化学反応には、自分は変化しないにもかかわらず、反応を進める触媒の存在が重要です。しかしこれまで触媒がなぜ「触媒の働き」をするのかは、ほとんど分かっていませんでした。本書では、最新の表面科学によって解き明かされつつある触媒が働く仕組みを分かりやすく解説します。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 触媒と表面科学(1909年7月2日、カールスルーエ工科大学にて
  • 20世紀初頭の食糧危機 ほか)
  • 第2章 触媒とは(化学反応はどの方向に進むか
  • 化学反応の速度 ほか)
  • 第3章 表面科学の戦略(触媒反応の分子レベルでの理解に向けて
  • 悪魔が作った表面 ほか)
  • 第4章 固体表面における分子の動き(吸着と-つり
  • 表面反応 ほか)
  • 第5章 触媒研究の最前線(触媒というブラックボックス
  • 表面科学と触媒の間の深い溝 ほか)
  • 第6章 未来を担う触媒へ(21世紀の人類が直面する問題:エネルギー危機
  • 太陽光の利用 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 分子レベルで見た触媒の働き
著作者等 松本 吉泰
書名ヨミ ブンシ レベル デ ミタ ショクバイ ノ ハタラキ : ハンノウ ワ ナゼ ハヤク ススム ノカ
書名別名 反応はなぜ速く進むのか
シリーズ名 ブルーバックス B-1922
出版元 講談社
刊行年月 2015.6
ページ数 263p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-257922-3
NCID BB18855779
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22608841
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想