中国は腹の底で日本をどう思っているのか

富坂聰 著

国際情勢における出来事を理解しようとするとき、日本人はよくステレオタイプな視点を抱きがちだ。しかし、それで真実に迫れるのか。本書は中国をはじめとする東アジア諸国が日本や他国をほんとうはどうみているかについて、独自情報や現地発の報道などを立体的に組み上げながら、その実相を明らかにしていく。日中、日朝、中朝関係などのいずれもが、読後にはまったく異なった風景にみえてくるはずである。そうしたなかで「価値観外交」を掲げる安倍政権の手法はどこまで効果的なのか。中国の本音を知悉したジャーナリストが日本メディアの語らない極東のダイナミズムを大胆に描き出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「イスラム国」を介して中国の視点を学ぶ
  • 第2章 なぜ日中関係の改善へと舵を切ったのか
  • 第3章 「脱露入米」の裏にある真意を読み解く
  • 第4章 日本人が知らない「中朝関係」のリアル
  • 第5章 日本の北朝鮮外交がうまくいかない理由
  • 終章 「価値観」ではなく「利害」に目を向けよ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中国は腹の底で日本をどう思っているのか
著作者等 富坂 聡
富坂 聰
書名ヨミ チュウゴク ワ ハラ ノ ソコ デ ニホン オ ドウ オモッテ イル ノカ : メディア ガ カタラナイ ヒガシアジア ジョウセイ ノ シンチョウリュウ
書名別名 メディアが語らない東アジア情勢の新潮流

Chugoku wa hara no soko de nihon o do omotte iru noka
シリーズ名 PHP新書 993
出版元 PHP研究所
刊行年月 2015.6
ページ数 230p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-569-82591-5
NCID BB1884458X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22608092
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想