スライドデザインの心理学

加藤智也 著

近年はセミナーやイベントなどが頻繁に開催されるようになり、営業職や企画職のみならず、技術職などの人もプレゼンテーションを行う機会が増えています。商品やサービスのウリをしっかり伝えるためには、ひと目で相手に伝わるスライドや、読みたくなる資料を作成することが不可欠です。本書では、広告クリエイターかつMicrosoft MVP(PowerPoint部門)である著者が、資料デザインの基礎や、相手の印象を操作する視覚効果について解説します。ビジネスの現場でありがちな悩みに対して「よい例/悪い例」を挙げ、自分の資料を改善するための目安になるようにしています。様々な場面で使える事例を紹介しているので、プレゼン資料の見本帳としても利用できます。また、サンプルファイルをWebからダウンロードできるので、すぐに資料を作らなければいけない人や、スライド作りに不慣れな人でも安心です。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • Introduction1 プレゼンの目的とページネーション-スライドデザインを始める前に
  • Introduction2 スライドデザインの基本
  • 1 伝わる図解
  • 2 説得するスライド
  • 3 イメージが膨らむスライド
  • 4 視覚効果の応用
  • Appendix アイデアの発想

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 スライドデザインの心理学
著作者等 加藤 智也
書名ヨミ スライド デザイン ノ シンリガク : イッパツ デ キマル プレゼン シリョウ ノ ツクリカタ
書名別名 一発で決まるプレゼン資料の作り方
出版元 翔泳社
刊行年月 2015.5
ページ数 215p
大きさ 23cm
ISBN 978-4-7981-4129-9
NCID BB18840363
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22592272
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想