日本とイスラームが出会うとき

小村明子 著

イメージから知識へ、知識から理解へ-日本のイスラームについての初の本格的研究。今、見つめるべき世界宗教の現在を詳解する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 世界宗教としてのイスラーム-イスラームの歴史と六信五行
  • 第2章 日本におけるイスラームの歴史-明治の邂逅から一九八〇年代前半まで
  • 第3章 日本におけるイスラームの歴史-一九八〇年代後半から現在まで
  • 第4章 日本のイスラームの現状について
  • 第5章 日本でムスリムとして生きる、その現実
  • 第6章 「イスラームから離れる」ということ
  • 第7章 日本的イスラームの試み
  • 第8章 「大乗イスラーム」という思想
  • 第9章 非ムスリムの日本人によるイスラーム理解
  • 第10章 何故イスラームは日本社会に広まらないのか-日本とイスラームの比較文化論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本とイスラームが出会うとき
著作者等 小村 明子
書名ヨミ ニホン ト イスラーム ガ デアウ トキ : ソノ レキシ ト カノウセイ
書名別名 その歴史と可能性
出版元 現代書館
刊行年月 2015.6
ページ数 316p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7684-5757-3
NCID BB18817510
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22603937
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想