ユダヤ人と経済生活

ヴェルナー・ゾンバルト [著] ; 金森誠也 訳

近代資本主義の発展を促したのは、プロテスタンティズムではなくユダヤ教の倫理だった-。ヨーロッパにおけるユダヤ人の人口移動や、彼らの食や性をめぐる宗教生活と経済活動の関連を詳細に分析。その民族的特性と歴史的意味を解明した本書は、二十世紀初頭に発表されるや、朋友にして好敵手であったヴェーバーとの間に激しい論争をひきおこした。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 近代国民経済形成へのユダヤ人の関与(調査方法-関与の方式と範囲
  • 十六世紀以来の経済中心地の移動
  • 国際商品取引の活性化
  • 近代植民地経済の創設
  • 近代国家の建設)
  • 第2部 ユダヤ人の資本主義への適性(問題点
  • 「資本主義的経済人の機能」
  • 資本主義へのユダヤ人の客観的適性
  • ユダヤ教の経済生活に対する意味
  • ユダヤ人の特性)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ユダヤ人と経済生活
著作者等 Sombart, Werner
金森 誠也
ゾンバルト ヴェルナー
書名ヨミ ユダヤジン ト ケイザイ セイカツ
書名別名 Die Juden und das Wirtschaftsleben
シリーズ名 講談社学術文庫 2303
出版元 講談社
刊行年月 2015.6
ページ数 397p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-292303-3
NCID BB18793525
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22584532
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想