地域再生の戦略

宇都宮浄人 著

これまで地域を再生するために様々な施策が取り組まれてきた。しかし、現実には衰退は変わらず続いている。地方では自動車利用を優先した都市計画により、中心市街地の空洞化、路線バスの廃止が進み、衰退は加速した。この悪循環を止め、地方を復活させる鍵は、鉄道・バスといった「公共交通」の見直しである。そこからコンパクトな街が再生される。日本でも注目を集める「交通まちづくり」というアプローチを紹介し、本当の地方創生の方法を提案する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 地域と交通の負のスパイラル
  • 第2章 政策の模索
  • 第3章 「基本法」の成立
  • 第4章 交通まちづくりとは何か
  • 第5章 芽生える交通まちづくり
  • 第6章 ドイツ・フランスの成果とその背景
  • 第7章 費用対効果を考える
  • 第8章 ソーシャル・キャピタルという新たな効果
  • 第9章 これからの日本の課題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 地域再生の戦略
著作者等 宇都宮 浄人
書名ヨミ チイキ サイセイ ノ センリャク : コウツウ マチズクリ ト イウ アプローチ
書名別名 「交通まちづくり」というアプローチ

Chiki saisei no senryaku
シリーズ名 ちくま新書 1129
出版元 筑摩書房
刊行年月 2015.6
ページ数 206p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-480-06832-3
NCID BB18793194
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22641333
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想