結晶構造学  基礎編 (空間群から粉末構造解析まで)

梶谷剛 著

結晶学の基礎知識として"晶系"、"点群(回転群)"および"空間群"を学び、その知識を使い、結晶中の原子やイオンによるX線や中性子線の散乱能を考慮して粉末回折結果を解析。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 直接観察法と間接法による結晶解析(透過型電子顕微法(Transmission Electron Microscopy)
  • 電界イオン顕微法(Field Ion Microscopy)
  • 走査トンネル顕微法(Scanning Tunneling Microscopy))
  • 第2章 結晶学入門(結晶の次元性と分類
  • 結晶系(晶系)
  • 結晶方位と面指数 ほか)
  • 第3章 回折現象(原子による散乱
  • トムソン散乱
  • 原子散乱因子 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 結晶構造学
著作者等 梶谷 剛
書名ヨミ ケッショウ コウゾウガク
巻冊次 基礎編 (空間群から粉末構造解析まで)
出版元 アグネ技術センター
刊行年月 2015.4
ページ数 119p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-901496-78-0
NCID BB18752040
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22560944
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想