涙のあとは乾く

キャサリン・ジェーン・フィッシャー 著 ; 井上里 訳

その日も、いつもと変わらない一日のはずだった…横須賀で起きたレイプ事件-。被害者が犯人を追い詰めるまでの感動と勇気の回想録!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 赤と白と青の痣
  • 冷え切った正義
  • ホテル・カリフォルニア
  • 歩く死体の日記
  • 起立
  • わたしは降参しない
  • わたしのこの小さな光
  • ハッピーバースデー、ファザー
  • メンフィス・マン
  • 秘密協定
  • わたしたちには秘密がある
  • 母の愛
  • アイ・アム・ウーマン
  • 足元で動く大地
  • わたしも彼にレイプされた
  • アメリカへ
  • 裁判の日
  • 手放すこと
  • 障子に映った影
  • 得るものはない
  • 雨にぬれても
  • 譲るべきこと
  • 山にのぼりて告げよ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 涙のあとは乾く
著作者等 Fisher, Catherine Jane
井上 里
フィッシャー キャサリン・ジェーン
書名ヨミ ナミダ ノ アト ワ カワク
書名別名 I AM CATHERINE JANE

Namida no ato wa kawaku
出版元 講談社
刊行年月 2015.5
ページ数 252p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-06-219496-9
NCID BB18738210
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22599783
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想