シベリア抑留

長勢了治 著

8月15日の後に起きた「不条理な悲劇」を知っていますか?ソ連軍によって、軍人・民間人を問わず70万の日本人が拉致抑留された。その範囲は、極東地域をはじめ、ウクライナや北極圏、中央アジアやモンゴルにまで及ぶ。なぜ日本人は抑留され、数年から十一年も帰国できなかったのか。飢餓・重労働・酷寒の"シベリア三重苦"、ソ連の暴虐、そして冷戦の東西対立の中で「人質」となった歴史の真相を徹底検証する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ロシアの領土拡張およびソ連共産主義-シベリア抑留の前史(西方東漸-アジアはヨーロッパの植民地だった
  • ロシアの東征と南下-樺太、千島、満州、朝鮮へ ほか)
  • 第2章 昭和二〇年八月九日、ソ連軍、満洲に侵攻す(第二次世界大戦中の日ソ関係
  • ソ連の宣戦布告、そして満州、北朝鮮への奇襲攻撃 ほか)
  • 第3章 ソ連モンゴルへ移送せよ(スターリンの極秘指令九八九八号
  • 「ダモイ」の嘘 ほか)
  • 第4章 シベリア三重苦(飢餓、重労働、酷寒)に耐えて(飢餓地獄
  • 強制労働-働かざる者食うべからず ほか)
  • 第5章 貧弱な医療と杜撰な埋葬(貧しい医療と乏しい医薬品
  • 抑留者の身体状況、罹病、死因 ほか)
  • 第6章 日本人を思想教育せよ(思想教育(洗脳)は主要任務のひとつだった
  • 「日本新聞」とシベリア「民主運動」 ほか)
  • 第7章 夢に見たダモイ(帰国)(日ソ交渉と引揚げ第一船
  • 送還を遅らせろ-引揚げの経緯 ほか)
  • 第8章 長期抑留者は無実の囚人だった(「戦犯」の作り方
  • 苛酷なる受刑生活 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 シベリア抑留
著作者等 長勢 了治
書名ヨミ シベリア ヨクリュウ : ニホンジン ワ ドンナ メ ニ アッタ ノカ
書名別名 日本人はどんな目に遭ったのか

Shiberia yokuryu
シリーズ名 新潮選書
出版元 新潮社
刊行年月 2015.5
ページ数 438p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-10-603767-2
NCID BB18730230
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22596143
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想