勝者なき戦争

イアン・J・ビッカートン [著] ; 高田馨里 訳

ナポレオン戦争、クリミア戦争、日露戦争、第一次・第二次大戦など、過去200年間に行われた「世界戦争」を仔細に検証し、その勝利の代償がいかに甚大なものであったのかを独自のアプローチで明らかにする。これまで十分に論じられてこなかった戦争における勝利と敗北の問題を探究する現代の名著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 勝利の仮面
  • 第1章 勝利と敗北-1815‐1840
  • 第2章 クリミア戦争とその結果-1846‐1881
  • 第3章 日露戦争の遺産-1905‐1930
  • 第4章 第一次世界大戦勝利のわずかな報酬-1919‐1939
  • 第5章 無条件降伏‐第二次世界大戦の帰結-1945‐1970
  • 第6章 一九四五年以降の勝利の特質
  • 日本語版への補遺

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 勝者なき戦争
著作者等 Bickerton, Ian J
高田 馨里
ビッカートン イアン・J.
書名ヨミ ショウシャ ナキ センソウ : セカイ センソウ ノ ニヒャクネン
書名別名 THE ILLUSION OF VICTORY

世界戦争の二〇〇年
出版元 大月書店
刊行年月 2015.5
ページ数 287,29p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-272-53043-4
NCID BB18717323
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22591390
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想