韓国知識人との対話  2

添谷 芳秀【著】

中国中心のアジアは「正常」か。アメリカの衰退とアジア太平洋戦略。米中間の安全保障ジレンマ。太陽政策の狙いと挫折、もし北朝鮮が崩壊したら。東アジア多国間協力と日韓関係ほか、東アジアの安定に向け日韓連携の時代へ!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 アジアの中心に戻る中国(薄い脅威認識
  • 中国の台頭には二面性がある
  • 中国中心のアジアは「正常」なアジア
  • 中国台頭の時代の韓国と日本)
  • 第2章 岐路に立つ東アジアとアメリカ(アメリカの経済問題がカギ
  • 米中間の対立と協調
  • 多国間地域協力の中のアメリカ
  • 米中関係と韓国)
  • 第3章 北朝鮮政策をめぐる論争(太陽政策の狙いと挫折
  • 李明博政権の北朝鮮政策とその後
  • 北朝鮮の今後と統一問題
  • 中国の思惑と役割
  • 日本の役割と日韓関係)
  • 第4章 東アジアのなかの韓国と日本(米中の狭間に立つ韓国と日本
  • 東アジア多国間協力と日韓関係
  • 市民社会と若者の役割
  • 日韓「ミドルパワー協力」の可能性)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 韓国知識人との対話
著作者等 添谷 芳秀
書名ヨミ カンコク チシキジン トノ タイワ
書名別名 米中の狭間を生きる
巻冊次 2
出版元 慶應義塾大学出版会
刊行年月 2015.5
ページ数 218p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7664-2227-6
NCID BB18717243
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22591819
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想