さらば、ヘイト本!

大泉実成, 梶田陽介, 加藤直樹, 木村元彦 著

他民族を嘲笑したり、排外主義を煽る「ヘイト本」は、すでにオワコン(終わったコンテンツ)となっている。しかし、それらがどのようにして量産されたかを明らかにせずに、「再燃」を防ぐことはできない。出版業界に生きるジャーナリストたちが、自ら立ち上がり、そのカラクリを暴く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 嫌韓誘導記事を量産した編プロ社員が語る「責任」-「読者ではなく、版元の担当者に納得してもらうものを作る」
  • 第2章 「ガロ」から「大嫌韓時代」へ-「採算度外視。社長の趣味」でヘイト化した青林堂
  • 第3章 花田編集長は「ヘイト本というほうがヘイト!」と逆ギレした-『WiLL』vs.『NOヘイト!』誌上中継
  • 第4章 検証・『関東大震災「朝鮮人虐殺」はなかった』-手品のように歴史をねじまげる『カラクリ』を明らかにする
  • 第5章 「ヘイト本」半頭狗肉度ランキング-読みたい人も、読みたくない人も必見
  • 第6章 「山中よ、デマを流して憎悪煽動するものと闘え。参戦せよ」-『マンガ大嫌韓流』発行人との対話

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 さらば、ヘイト本!
著作者等 加藤 直樹
大泉 実成
木村 元彦
梶田 陽介
書名ヨミ サラバ ヘイトボン : ケンカン ハンチュウボン ブーム ノ ウラガワ
書名別名 嫌韓反中本ブームの裏側

Saraba heitobon
出版元 ころから
刊行年月 2015.5
ページ数 158p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-907239-14-5
NCID BB18716400
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22605866
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想