近世日清通商関係史

彭浩 著

[目次]

  • 近世日清関係史を問い直す-通商関係の視点から
  • 第1部 通商関係の制度的基盤(信牌制度のメカニズムと確立過程
  • 「信牌方」及びその職務について
  • 清朝の日本銅調達と信牌対策-「倭照」関係史料の分析から)
  • 第2部 通商関係の法的規制(享保期の唐船「打ち払い」と幕藩制国家
  • 近世日本の唐人処罰-「日本之刑罰」の適用をめぐって
  • 清朝から見た近世日本の対外関係)
  • 第3部 通商関係の担い手の再編(「官商」范氏の日本銅調達と債務問題
  • 唐船商人の組織化-「額商」の成立と貿易独占を中心に
  • 貿易独占組織「官局」「民局」の経営構造
  • 両局体制と「約条」貿易)
  • 近世日清通商関係史の構築に向けて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近世日清通商関係史
著作者等 彭 浩
書名ヨミ キンセイ ニッシン ツウショウ カンケイシ
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2015.5
ページ数 309,12p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-13-026240-8
NCID BB1870317X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22654962
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想