マシュマロ・テスト

ウォルター・ミシェル 著 ; 柴田裕之 訳

『マシュマロをすぐ1個もらう?それとも我慢して、あとで2個もらう?』これは、行動科学で最も有名なテストのひとつマシュマロ・テストである。このテストの考案者である本書の著者ウォルター・ミシェルは、マシュマロを食べるのをがまんできた子・できなかった子のその後を半世紀にわたって追跡調査し、自制心と「成功」との関連を調べた。人生で成功する子は、初めから決まっているのか?それとも、そうではないのか?長年の追跡調査でわかってきた、人間の振る舞いの不思議を、マシュマロ・テストの生みの親自身が綴る待望の一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 先延ばしにする能力-自制を可能にする(スタンフォード大学のサプライズ・ルームで
  • 彼らはどうやって成し遂げるのか?
  • ホットに考える/クールに考える ほか)
  • 第2部 保育園時代のマシュマロから老後の資金まで(成功の原動力-「できると思う!」
  • 将来の自分
  • 「今、ここ」を乗り越える ほか)
  • 第3部 研究室から実生活へ(マシュマロと公共政策
  • 中核戦略を応用する
  • 人間の本質)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 マシュマロ・テスト
著作者等 Mischel, Walter
柴田 裕之
ミシェル ウォルター
書名ヨミ マシュマロ テスト : セイコウ スル コ シナイ コ
書名別名 THE MARSHMALLOW TEST

成功する子・しない子

Mashumaro tesuto
出版元 早川書房
刊行年月 2015.5
ページ数 342p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-15-209541-1
NCID BB18700932
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22616425
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想