言語遊戯の系譜

綿谷雪 著

ユニークな言葉遊びの時代的変遷と地域的なつながりを考証する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 早口言葉(早口言葉総記
  • 日常語の中の難語 ほか)
  • 早口言葉の戯作本(『外部早言小田原相談』(全文)
  • 『鼻毛三尺知恵三文日本一癡鑑』(全文))
  • 尻取り文句の変遷(最古の尻取り語法
  • 文字ぐさり ほか)
  • 地口・口合い(修辞学上の秀句
  • 口軽・口疾・利口・興言 ほか)
  • 回文の話(文学遊戯としての回文
  • 回文詩と一句両吟 ほか)
  • 重言

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 言語遊戯の系譜 目次
  • ことばの反省(序にかえて) / p7
  • 早口言葉 / p17
  • 一、 早口言葉総記
  • 二、 日常語の中の難語
  • 三、 口遊びの意味
  • 四、 物語・早物語と字余り俚謡
  • 五、 外郎売の科白
  • 六、 科白の好評と流行
  • 七、 科白の影響と戯作の追随
  • 八、 本調子端歌こんきょうじ
  • 九、 舌もじり文句の分解
  • 十、 欧米のジングルと中国の早口令
  • 十一、 匿された近似音
  • 十二、 云いはずし易い畳語文句
  • 十三、 爽快な押韻・畳語
  • 十四、 文学遊戯としての畳語
  • 十五、 道歌七度返し・りん付け
  • 十六、 長い名
  • 十七、 詰め言・詰歌・約歌
  • 十八、 鳥獣等擬声語の早口言葉
  • 早口言葉の戯作本 / p181
  • 一、 『外郎早言小田原相談』(全文)
  • 二、 『鼻毛三尺知恵三文日本一癡鑑』(全文)
  • 尻取り文句の変遷 / p222
  • 一、 最古の尻取り語法
  • 二、 文字ぐさり
  • 三、 速水行道稿本『文字鎖考』(全文)
  • 四、 『源氏文字ぐさり』と『都路』
  • 五、 文字鎖の遊び
  • 六、 火廻し・火文字ぐさ
  • 七、 雑俳の尻取り化
  • 八、 尻取り遊戯文句の発生
  • 九、 流行の諸相
  • 十、 牡丹に唐獅子竹に虎
  • 十一、 当時流行だんぶくろ
  • 十二、 その転訛例
  • 十三、 尾頭巡還型の尻取り文句
  • 十四、 段々話
  • 地口・口合い / p291
  • 一、 修辞学上の秀句
  • 二、 口軽・口疾・利口・興言
  • 三、 掛け言葉(兼句)・掠り・捩り
  • 四、 言語遊戯としての秀句の独立
  • 五、 口合いと地口の意義
  • 六、 地口附
  • 七、 低俗文芸としての秀句遊戯の発祥
  • 八、 中京への移入
  • 九、 江戸の地口遊戯の再燃
  • 十、 京都口合いの一進歩
  • 十一、 江戸における語呂の発祥
  • 十二、 地口行燈・絵地口・半絵口
  • 十三、 京都口合い遊戯のその後
  • 十四、 中京口合い遊戯のその後
  • 十五、 大阪の絵口合・地蔵行燈・舌芸
  • 十六、 洒落の体系
  • 回文の話 / p359
  • 一、 文学遊戯としての回文
  • 二、 回文詩と一句両吟
  • 三、 回文の口誦文句
  • 四、 倒言の猥褻語
  • 六、 明治の回文狂句
  • 重言 / p383
  • あとがき / p390

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 言語遊戯の系譜
著作者等 綿谷 雪
書名ヨミ ゲンゴ ユウギ ノ ケイフ
出版元 青蛙房
刊行年月 1964
版表示 新装版
ページ数 391p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7905-0431-3
NCID BB18660703
BN06422917
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
64012381
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想