映画の戦後

川本三郎 著

日本映画の「悲しみ」、アメリカ映画の「個の誇り」。戦後70年、映画はどう変わって来たか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 戦後映画の光芒(「やくざ」が輝いていた時代-追悼 高倉健と菅原文太
  • 詫びるヒーロー-かたぎへの負い目
  • 「聖林」に酔った日本人
  • 戦争の時代から、戦後へ-原節子の悲しみ
  • 昭和史のなかの小津安二郎-田中眞澄『小津安二郎周游』 ほか)
  • 2 アメリカの光と影(個独のヒーローのゆくえ-クリント・イーストウッド論
  • 個性派スターの輝き-ワーナー映画の魅力
  • 大衆の反乱、知識人の戦慄-ハリウッド赤狩り論
  • エドワード・ドミトリク-泥だらけの弁明
  • 異邦人の裏切り-エリア・カザンと赤狩り ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 映画の戦後
著作者等 川本 三郎
書名ヨミ エイガ ノ センゴ
出版元 七つ森書館
刊行年月 2015.5
ページ数 270p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-8228-1532-5
NCID BB18655543
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22615079
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想