できたての地球

廣瀬敬 著

地球の水はどこから来たのか。水も炭素もなかった「できたての地球」になぜ生命は生まれたのか。地球惑星科学から生物学まで統合的にアプローチする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 四六億年前に何が起きたのか(初期地球と原始地球-地球の出発点を決めるのは難しい
  • 地球四六億歳の根拠/そんな単純ではない惑星のでき方 ほか)
  • 2 地球の水はどこから来たのか(水惑星と岩石惑星を分ける境界線
  • 地球にあるはずのない水が大量にある理由 ほか)
  • 3 地球コアが地球の起源を解くカギ(地球科学の大前提
  • 消えたシリコンはどこに ほか)
  • 4 生命が生まれる場とはなにか(地球生命の起源
  • 代謝という生命の装置 ほか)
  • 5 生命誕生の条件と初期地球(大陸と海を共存させるのは難しい
  • 観測事実は想像を超える ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 できたての地球
著作者等 廣瀬 敬
書名ヨミ デキタテ ノ チキュウ : セイメイ タンジョウ ノ ジョウケン
書名別名 生命誕生の条件
シリーズ名 岩波科学ライブラリー 238
出版元 岩波書店
刊行年月 2015.5
ページ数 116p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-00-029638-0
NCID BB18646826
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22599569
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想