本当は日本が大好きな中国人

福島香織 著

今や東京の町中は中国人の観光客だらけ。なぜ彼らはいがみ合う日本に夢中になるのか。そこには共産党政権を背景とした複雑な歴史、文化、社会状況が大きく関係していた。両国の知られざる関係を浮き彫りにした画期的文化論!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 日本人は中国で本当にモテるのか?(日本人だったら40女もお見合いの口がある
  • 中国婚活番組で大モテだったシングルマザー ほか)
  • 第2章 ワンランク上のライフスタイルに憧れる(岩井俊二的な「小清新」という価値観
  • エコでシンプルで上質 ほか)
  • 第3章 政治から言葉を解放した日本文学(中国文学の快挙
  • 川端康成がいなければ中国にノーベル賞作家は現れなかった? ほか)
  • 第4章 文化侵略か、文化解放か 進撃のサブカルチャー(日本のサブカルは脅威?
  • 『ドラえもん』日本政府陰謀説 ほか)
  • 第5章 知られざる日中の歴史と思想のつながり(明治維新に学べ
  • 失敗に終わった改革「戊戌の変法」 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 本当は日本が大好きな中国人
著作者等 福島 香織
書名ヨミ ホントウ ワ ニホン ガ ダイスキ ナ チュウゴクジン
シリーズ名 朝日新書 516
出版元 朝日新聞
刊行年月 2015.5
ページ数 299p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-02-273616-1
NCID BB18646713
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22588392
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想