日韓の書誌学と古典籍

大高 洋司;陳 捷【編】

古来、日本と朝鮮半島の間ではヒト・モノ・文化の往来がなされてきた。なかでも朝鮮半島からもたらされた書物は、そこに記された内容はもとより、装幀のありかたや活字印刷の方法など、さまざまな側面で日本の書籍文化に影響を与えてきた。東アジアの書籍文化を考える上での重要な結節点である韓国古典籍の見方・考え方を学び、韓国国立中央図書館所蔵の日本古典籍を繙くことで、日韓の書物による相互交流の諸相を明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 韓国古典籍と日本(日本現存朝鮮本とその研究
  • 韓国古文献の基礎知識
  • 韓国国立中央博物館所蔵活字の意義
  • 高麗大蔵経についての新たな見解
  • 日本古典籍における近世初期の表紙の変化について-朝鮮本と和本を繋ぐもう一つの視座
  • 古活字版の黎明-相反する二つの面
  • 韓国国立中央図書館所蔵琉球『選日通書』について)
  • 第2部 韓国国立中央図書館所蔵の日本古典籍-善本解題(国語学
  • 和歌(写本・版本)
  • 物語
  • 中世散文
  • 往来物
  • 俳諧
  • 近世小説
  • 説経正本・絵本・草双紙
  • 漢文学(日本人漢詩文))

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日韓の書誌学と古典籍
著作者等 陳 捷
大高 洋司
書名ヨミ ニッカンノショシガクトコテンセキ
シリーズ名 アジア遊学
出版元 勉誠出版
刊行年月 2015.5.10
ページ数 200p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-585-22650-5
NCID BB18636629
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想