倭人への道

中橋孝博 著

およそ二〇〇〇年前、当時の中国から「倭人」と呼ばれた人々。彼らはいつどこから日本列島に渡り、新たな文化を広めたのか。人類のアジアへの拡散、縄文人のルーツと弥生人への移行など、「倭人」登場への道のりを追う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「倭人」登場への道のり-プロローグ
  • 旧石器時代の日本列島人(最初の日本列島人は?
  • 大陸と日本列島
  • 人類のアジアへの拡散
  • 新人の起源は?)
  • 謎を残す列島の先住民縄文時代人(縄文時代人
  • 上黒岩岩陰の縄文早期人
  • 高知県居徳遺跡の受傷人骨
  • 縄文人の起源
  • シルクロードを西へ)
  • 縄文人から弥生人へ倭人の登場(弥生時代人-渡来説の復権
  • 弥生人の源郷は?
  • 山東半島・北阡遺跡の新石器時代人)
  • 海を越えてきた人々を追って-エピローグ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 倭人への道
著作者等 中橋 孝博
書名ヨミ ワジン エノ ミチ : ジンコツ ノ ナゾ オ オッテ
書名別名 人骨の謎を追って
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 402
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2015.6
ページ数 276p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-642-05802-5
NCID BB18635444
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22594349
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想