ふしぎなイギリス

笠原敏彦 著

近代合理主義を育んだイギリス人が世襲の君主制を支持しているのはなぜ?スコットランド独立はなぜ防げたのか?イギリスは本当にEUから離脱するのか?旧植民地とイギリスで構成される英連邦の役割。イギリス経済、知られざる「強さの秘密」。大英帝国だけが知っているグローバル化する世界を生き残る方法。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ロイヤル・ウェディングの記号論
  • 第2章 柔らかい立憲君主制
  • 第3章 女王と政治家-サッチャーの軌跡
  • 第4章 階級社会とブレア近代化路線
  • 第5章 アングロ・サクソン流の終焉
  • 第6章 イギリス経済の復元力
  • 第7章 スコットランド独立騒動が示した連合王国の限界
  • 第8章 激動期の連合王国
  • 第9章 ソフトパワー大国への脱皮

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ふしぎなイギリス
著作者等 笠原 敏彦
書名ヨミ フシギ ナ イギリス
シリーズ名 講談社現代新書 2317
出版元 講談社
刊行年月 2015.5
ページ数 349p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-288317-7
NCID BB18630575
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22595014
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想