群論入門

芳沢光雄 著

あみだくじ、正多面体、正多角形、15ゲーム、駐車場の移動問題を通して、集合や写像の考え方を学ぶ。さらに、ガロアの群論の基礎をなす5次交代群とオイラーの「36人士官の問題」に遡りながら群によってあぶりだされる対称性の性質や特徴を垣間見ていく。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 集合と写像とあみだく(用語の準備
  • あみだくじ)
  • 2章 置換群の導入(偶置換と奇置換
  • 15ゲームが完成するための必要十分条件 ほか)
  • 3章 群の定義といろいろな例(群の定義
  • 合同式とZm ほか)
  • 4章 いろいろな対象の自己同型群(自己同型群の意味
  • 駐車場移動問題 ほか)
  • 5章 群と置換群の基本的性質(剰余類とその応用
  • 正規部分群と剰余群 ほか)
  • 6章 オイラーとラテン方陣(2次元ベクトル空間(Zp)2の自己同型群としてのGL(2,Zp)
  • ラテン方陣とデザイン ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 群論入門
著作者等 芳沢 光雄
書名ヨミ グンロン ニュウモン : タイショウセイ オ ハカル スウガク
書名別名 対称性をはかる数学

Gunron nyumon
シリーズ名 ブルーバックス B-1917
出版元 講談社
刊行年月 2015.5
ページ数 173p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-257917-9
NCID BB18624437
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22572917
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想