思いがけない日本美術史

黒田泰三 [著]

従来の時代順の美術史ではわからなかった、その面白さを画題ごとに見ることで、あぶりだします。長谷川等伯「松林図屏風」や仙〓(がい)「老人六歌仙画賛」、「彦根屏風」など、著者の考える日本絵画史上、重要な十二点の作品を取り上げて解説。ちょっとした「鑑賞のツボ」を知ることで、その人なりの絵の見かたを見つけることができます。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 人間を描く(すべては鋭い人間観察力から始まった-「伴大納言絵巻」
  • 人生の裏側を覗かせる-「彦根屏風」
  • 人生の機微を描く-仙〓(がい)「老人六歌仙画賛」)
  • 第2章 動・植物を描く(誰も描かなかった動物の感性-長谷川等伯「竹鶴図屏風」「竹虎図屏風」
  • "アンチ狩野永徳"の美の力-狩野光信「勧学院客殿一之間障壁画」)
  • 第3章 風景を描く(江戸っ子の心意気を描く-「江戸名所図屏風」
  • 自娯という文人たちの心象風景を描く-田能村竹田「梅花書屋図」)
  • 第4章 目に見えないモノを描く(自分が自分であるために-長谷川等伯「松林図屏風」
  • 閻魔様と阿弥陀様と神様と-「十王地獄図」「当麻曼茶羅図」「僧形八幡神影向図」)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 思いがけない日本美術史
著作者等 黒田 泰三
書名ヨミ オモイガケナイ ニホン ビジュツシ
書名別名 Omoigakenai nihon bijutsushi
シリーズ名 祥伝社新書 413
出版元 祥伝社
刊行年月 2015.5
ページ数 233p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-396-11413-8
NCID BB18620640
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22583660
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想