私学の誕生

明治大学史資料センター 編

岸本辰雄、宮城浩蔵、矢代操の三人はそれぞれ鳥取藩、天童藩、鯖江藩の各藩を代表する貢進生として明治政府に集められた。建学の若き三藩士に温ねる「明大」のアイデンティティ。明治大学の創立物語。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 創立者たちの生い立ち(鳥取藩と岸本辰雄
  • 天童藩と宮城浩蔵
  • 鯖江藩と矢代操)
  • 第2部 明治大学の誕生(司法省明法寮
  • 司法省法学校
  • フランス留学
  • 明治法律学校の創設
  • 有楽町から駿河台へ
  • 明治法律学校の発展)
  • 第3部 創立者たちの遺したもの(岸本辰雄の遺業
  • 宮城浩蔵の遺業
  • 矢代操の遺業
  • (付)創立者との絆)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 私学の誕生
著作者等 明治大学史資料センター
書名ヨミ シガク ノ タンジョウ : メイジ ダイガク ノ サンニン ノ ソウリツシャ
書名別名 明治大学の三人の創立者

Shigaku no tanjo
出版元 創英社/三省堂書店
刊行年月 2015.3
ページ数 237p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-88142-952-5
NCID BB18606504
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22572598
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想