文化面から捉えた東日本大震災の教訓

木下達文 著

文化面での教訓と課題が初めて包括的に明らかに。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 震災と初動(地震発生直後について
  • 文化分野における初動の一側面
  • MLAK連携活動とその展開について)
  • 第2部 文化をめぐる被害・文化による支援(地域別の状況
  • ミュージアムの放射線被害とその再生
  • 文化・芸術による被災地支援活動
  • 平成の美術館勧進)
  • 第3部 震災から見えるいくつかの課題(復興(高台移転等)と文化資源保護との両立
  • 放射線被害と伝統文化の継承
  • 芸術(美術)による復興支援の一形態 ほk)
  • 第4部 脱依存と生活の転換(今後のエネルギー政策と地域の文化
  • エネルギー政策の転換
  • 脱依存マネジメントと文化 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 文化面から捉えた東日本大震災の教訓
著作者等 木下 達文
書名ヨミ ブンカメン カラ トラエタ ヒガシニホン ダイシンサイ ノ キョウクン : ミュージアム セイサク カラ ミル セイカツ ノ テンカン
書名別名 ミュージアム政策からみる生活の転換
出版元 かもがわ
刊行年月 2015.3
ページ数 350p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7803-0754-2
NCID BB18605589
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22581684
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想