「和食」って何?

阿古真理 著

「和食」といえば、刺身に煮もの、和えもの、ご飯に味噌汁。人気のラーメンやカレーは和食じゃないの?食をたどれば、社会の変化が見えてくる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「和食」の誕生(すしはファストフードだった-江戸時代まで
  • 「今日もコロッケ」-明治維新がもたらしたもの
  • 憧れのハンバーガー-敗戦後の大変革)
  • 第2章 昭和育ちの食卓-私が食べてきたもの(ベースはすでに洋食
  • 農村暮らしから引き継いだもの
  • 外食大好き
  • メディアが描く食のかたち)
  • 第3章 和食の今と未来(和食の何が危機なのか
  • 学校給食は進化する
  • 家庭科の役割)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「和食」って何?
著作者等 阿古 真理
書名ヨミ ワショク ッテ ナニ
シリーズ名 ちくまプリマー新書 234
出版元 筑摩書房
刊行年月 2015.5
ページ数 206p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-480-68937-5
NCID BB1860478X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22575134
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想