心理統計  2

嶋崎 恒雄【著】

本書は、姉妹編の『心理統計1』に引き続き、心理学実験や調査法で必要となる初等的な統計手法について解説した教科書である。2要因までの分散分析の原理と多重比較、利用頻度の高いノンパラメトリック検定や、等分散性の検定、相関係数の検定、正確確率法等について、具体例を用いながらわかりやすく解説する。また検定結果を理解するために必要となる効果量や検定力、検定分析についても紹介する。さらに補遺には、統計ソフトRの使い方の紹介から、実行例とそのプログラム等も掲載している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 分散分析(1要因の場合-完全無作為法と乱塊法
  • 2要因の場合)
  • 多重比較(1要因の分散分析に対して
  • 2要因の分散分析に対して)
  • ノンパラメトリック検定
  • その他の検定
  • 効果量と検定力分析
  • 実際の計算:Rを使って
  • 付表

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 心理統計
著作者等 嶋崎 恒雄
書名ヨミ シンリ トウケイ
書名別名 分散分析とノンパラメトリック検定

Shinri tokei
シリーズ名 現代心理学シリーズ / 今田寛, 八木昭宏 監修 12
巻冊次 2
出版元 培風館
刊行年月 2015.4
ページ数 172p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-563-05752-7
NCID BB18602886
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22563923
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
分散分析とノンパラメトリック検定 嶋崎恒雄
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想