日本古代貨幣の創出

今村啓爾 [著]

『日本書紀』「今より以後、必ず銅銭を用い、銀銭を用いることなかれ」(六八三)と『続日本紀』「始めて銀銭・銅銭を行う」(七〇八)の記述の矛盾は何を意味するのか。六八三年頃発行の日本最古の銅銭富本銭とそれに先立つ無文銀銭の併存。なぜ、和同開珎には銀銭・銅銭があるのか。なぜ蓄銭叙位令が出されたのか。貨幣誕生の謎を徹底的に解明する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 富本銭の発見
  • 第2章 最古の貨幣の追究
  • 第3章 無文銀銭とは何か
  • 第4章 和同開珎の真相
  • 第5章 日本の初期貨幣の独自性
  • 第6章 貨幣発行の歴史的背景
  • 第7章 貨幣の誕生
  • 追加新章 藤原京「門傍」木簡の発見-さらなる展開

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本古代貨幣の創出
著作者等 今村 啓爾
書名ヨミ ニホン コダイ カヘイ ノ ソウシュツ : ムモン ギンセン フホンセン ワドウセン
書名別名 無文銀銭・富本銭・和同銭
シリーズ名 講談社学術文庫 2298
出版元 講談社
刊行年月 2015.5
ページ数 253p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-292298-2
NCID BB18588592
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22565097
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想