医師と僧侶が語る死と闘わない生き方

玄侑宗久, 土橋重隆 [著]

芥川賞作家の禅僧と、ガン医療の第一人者が語り尽くす!話題を呼んだ対談『生きる。死ぬ。』を携書化!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 排除するだけでは病気は治らない(ガンになる臓器と性格や生き方は対応している
  • 本物のガンでも治ってしまう人はいる
  • ガンは治療どころか診断すらしないほうがいい? ほか)
  • 第2章 死と闘わない生き方とは(亡くなった人の生き方を聞く
  • 病気を治す「薬師如来」と身心を癒す「阿弥陀如来」
  • 日本人にとって死は「無くなること」ではなく「どこかへ行くこと」だった ほか)
  • 第3章 ガンになる「性格」「生き方」がある(ガンは「心の病気」
  • 左乳ガンと右乳ガンの患者は生き方や性格がまったく違う
  • メンタルなストレスとフィジカルなストレス ほか)
  • 第4章 医療の仕組みがこわれる時(「山分けシステム:の中にいる医者は患者のことなど考えていない
  • 手術の達成感よりも大きかった患者さんからの言葉
  • 医療はもともとお布施で成り立っていた ほか)
  • 第5章 「死後」と向き合う(輪廻の思想は日本には入ってこなかった「お地蔵さん」は日本流にアレンジされた仏様
  • 患者さんが死ぬ瞬間、何かが「抜けた」感じがある ほか)
  • 第6章 ガンは「概念」の病気(ガンは考えすぎることで起こる病気
  • 理性は生命の働きを弱めてしまう
  • 一本の植物になって風になびいてみると ほか)
  • 第7章 「不二」の思想と出会う(物事を二つに分け、片方を否定して片方を肯定するのは良くない
  • 「病気は悪いものだ」という考え方をやめれば世界が変わる
  • てず変化していくことを愛する ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 医師と僧侶が語る死と闘わない生き方
著作者等 土橋 重隆
玄侑 宗久
書名ヨミ イシ ト ソウリョ ガ カタル シ ト タタカワナイ イキカタ
シリーズ名 ディスカヴァー携書 140
出版元 ディスカヴァー・トゥエンティワン
刊行年月 2015.2
ページ数 233p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-7993-1641-2
NCID BB18585448
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22566307
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想