症例から学ぶ輸液療法

鍋島俊隆 監修 ; 杉浦伸一 編著

輸液の基礎を学びたい方、NSTに参画する薬剤師の方におすすめ!!輸液療法を理解するには、生理学・生化学等の基礎知識を基に輸液の種類と投与目的をむすびつけることが重要です。本書の基礎編では、輸液療法を生理学・生化学的な観点から、輸液の種類ごとにその目的や考え方をわかりやすく解説。また、症例編では、基礎知識を臨床で応用できるよう参考症例を挙げ、個々の輸液療法のプロセスを紹介しています。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 輸液の処方設計をめざすために
  • 第1章 基礎編(輸液療法の基本
  • 末梢静脈輸液製剤の基礎
  • 高カロリー輸液製剤の基礎
  • 輸液療法で必要な計算式とその意味
  • 輸液療法の注意と対応)
  • 第2章 症例編(末梢静脈輸液の適応症例
  • 高カロリー輸液の適応症例
  • 重症患者における輸液療法
  • 周術期の輸液療法
  • 心不全患者の輸液療法
  • がん患者の輸液療法
  • 腎機能障害時の輸液療法
  • 肝障害時の輸液療法
  • 特殊病態患者の輸液療法
  • 高齢者に対する輸液療法
  • 患者の状態に合わせた輸液療法の移行)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 症例から学ぶ輸液療法
著作者等 杉浦 伸一
鍋島 俊隆
書名ヨミ ショウレイ カラ マナブ ユエキ リョウホウ : キソ ト リンショウ オウヨウ
書名別名 基礎と臨床応用

Shorei kara manabu yueki ryoho
出版元 じほう
刊行年月 2015.4
版表示 第2版
ページ数 181p
大きさ 26cm
付随資料 1枚.
ISBN 978-4-8407-4627-4
NCID BB18584842
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22567435
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想