C型肝炎最前線

飯野四郎 原著

新規抗ウイルス薬(DAAs)の登場により、C型肝炎の治療戦略は大きく変わりつつあります。ペグインターフェロン・リバビリン併用療法から、プロテアーゼ阻害薬を含めた3剤併用療法、さらにはDAAsのみを用いたインターフェロンフリー療法まで、治療の選択肢をわかりやすく解説しました。相次ぐ新薬登場で大きく広がる治療の選択肢をわかりやすくまとめた最新版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 C型慢性肝疾患の疫学
  • 第2章 C型肝炎の診断
  • 第3章 肝炎ウイルスマーカー
  • 第4章 IFNを中心としたC型肝炎の治療
  • 第5章 DAAsによるC型肝炎の治療
  • 第6章 難治例への対策
  • 第7章 C型慢性肝炎患者に対する生活上の注意点

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 C型肝炎最前線
著作者等 四柳 宏
鈴木 通博
飯野 四郎
書名ヨミ シーガタ カンエン サイゼンセン : シンセダイ ノ ディーエーエーエス オ ドウ ツカウカ アイエフエヌ ノ ツカイカタ ワ ドウ カワルカ
書名別名 新世代のDAAsをどう使うかIFNの使い方はどう変わるか
出版元 日本医事新報社
刊行年月 2015.4
版表示 改訂新版 : 鈴木通博, 四柳宏 改訂
ページ数 189p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7849-4480-4
NCID BB18572060
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22556616
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想