フランスの生命倫理法

小門穂 著

生命倫理についての包括的な規則を法律で定める「フランス方式」は有効なのか。生殖医療の市場化が進むなか、その実態を明らかにし、今後の展望をうらなう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 はじめに
  • 第2章 利用者の要件
  • 第3章 利用者の要件が定められた理由
  • 第4章 フランスの規制の特徴
  • 第5章 「子を持つことへの欲望」
  • 第6章 配偶子・受精卵提供と「親になる資格」
  • 第7章 他者のための妊娠
  • 第8章 代理出産ツーリズムとトビラ通達
  • 終章 結論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 フランスの生命倫理法
著作者等 小門 穂
書名ヨミ フランス ノ セイメイ リンリホウ : セイショク イリョウ ノ モチイラレカタ
書名別名 Les lois de bioéthique en France-Comment avoir recours à l'assistance médicale à la procréation?

Les lois de bioéthique en France-Comment avoir recours à l'assistance médicale à la procréation? : 生殖医療の用いられ方
出版元 ナカニシヤ
刊行年月 2015.4
ページ数 211p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7795-0961-2
NCID BB18558150
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22598126
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想