日本国と日本人

カール・ローゼンクランツ 著 ; 寄川条路 訳

ヘーゲル学派の高名な哲学者・文化史家であるローゼンクランツ(1805‐79)が、1860年にドイツで行った講演の初の邦訳。江戸末期までの日本の歴史・自然・文化を、当時西洋人が入手できた稀少な文献を用いて概観し、東洋の発達した"閉鎖商業国家"が(世界史)の舞台に登場してくる歴史的瞬間を記録したテキスト。若き森鴎外が評価して以後、長らく忘れられてきた出色の日本論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 日本の登場
  • 日本事情
  • 日本の概観
  • 日本の生物
  • 日本の宗教
  • 日本の歴史
  • 日本の身分制度
  • 日本の文化
  • 日本の司法
  • 日本の風俗
  • 日本の建築
  • 日本の産業
  • 日本人の社交
  • 日本の外交
  • 日本の課題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本国と日本人
著作者等 Rosenkranz, Karl
寄川 条路
ローゼンクランツ カール
書名ヨミ ニホンコク ト ニホンジン
書名別名 Japan und die Japaner
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2015.4
版表示 第2刷
ページ数 180p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-588-31622-7
NCID BB18557908
BB1983286X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22581805
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想