入門・子ども社会学

南本長穂, 山田浩之 編著

「子ども社会学」の入門書。狭い意味での「子どもを研究対象とする社会学」ではなく、「子ども社会の学問」であるという基本的なスタンスに立ち、子ども社会学の領域・研究対象・方法などわかりやすく解説する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 子ども社会学の課題(創造物としての子ども
  • 子ども社会研究における子ども観)
  • 第2部 子どもと社会(「大人になる」とはどういうことか-社会=空間論的アプローチによる近代的大人像の再考
  • 子どもの貧困と教育機会
  • 教室の中の子どもたち-学級・学校における人間関係の変容
  • 学力の社会学
  • 受験競争からみる子ども社会
  • 「学校化」する大学と「生徒化」する学生)
  • 第3部 子どもと文化(日本の近代化と悪戯っ子たち-近代的子どもの親の再考
  • ピーターパンのエクリチュール-教育思想としての児童文学
  • ポスト心理主義時代の「子ども」の多元的解放-「溶解/フロー体験」と「非標準化/脱標準化」
  • ラベリングといじめ
  • 「学校の怪談」と子ども文化
  • 特撮ヒーロー番組に描かれるジェンダー)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 入門・子ども社会学
著作者等 南本 長穂
山田 浩之
書名ヨミ ニュウモン コドモ シャカイガク : コドモ ト シャカイ コドモ ト ブンカ
書名別名 子どもと社会・子どもと文化

Nyumon kodomo shakaigaku
シリーズ名 MINERVA TEXT LIBRARY 65
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2015.4
ページ数 205p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-623-07150-0
NCID BB18533761
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22574228
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想