平安王朝の五節舞姫・童女

服藤早苗 著

大嘗祭・新嘗祭で披露された五節舞姫・童女の実像から平安宮廷内の儀式に潜む神事から娯楽への変遷や身分・ジェンダーといった問題を浮き彫りにする。さらに遊女=聖なる存在とした網野善彦氏らを批判する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 紫式部・清少納言が見た舞姫
  • 第1章 奈良・平安初期の五節舞-五節舞の成立と変容(五節舞の成立と特質
  • 九世紀の五節舞と五節舞姫)
  • 第2章 五節舞姫献上者と舞姫(献上者規定の変遷
  • 実際の舞姫献上者
  • 舞姫献上者の経営)
  • 第3章 五節舞姫(五節舞姫の実像
  • 五節舞師
  • 舞姫同行者・援助者〜傳・童女・下仕等)
  • 第4章 新嘗祭と五節舞姫(参入儀
  • 帳台試
  • 淵酔
  • 御前試
  • 童女御覧
  • 豊明節会)
  • 終章 五節舞姫の歴史的変容と課題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 平安王朝の五節舞姫・童女
著作者等 服藤 早苗
書名ヨミ ヘイアン オウチョウ ノ ゴセチ ノ マイヒメ ドウジョ : テンノウ ト ダイジョウサイ ニイナメサイ
書名別名 天皇と大嘗祭・新嘗祭

Heian ocho no gosechi no maihime dojo
シリーズ名 塙選書 120
出版元 塙書房
刊行年月 2015.3
ページ数 248,8p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-8273-3120-2
NCID BB18521139
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22575729
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想