日本のエリート

橘木俊詔 著

エリートの役割とは何か?なぜ必要なのか?そもそも日本のエリートは、いつ、どのような仕組みで誕生したのか?リーダー不在といわれる今、「日本の指導者」の問題点を明らかにする。出自を問わない軍人養成教育、優秀な若者を官吏に登用する試験制度-。明治から現在まで連綿と続く、厳格な「学力主義」。古今東西の人物とも比較して探る、新時代のリーダー像!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 エリート論の系譜
  • 第2章 軍人エリートの光と影
  • 第3章 官僚エリートの功罪
  • 第4章 世界の知的エリート
  • 第5章 政治家の劣化と経営者の変化
  • 第6章 エリート不在の今日において、エリートは必要か

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本のエリート
著作者等 橘木 俊詔
書名ヨミ ニホン ノ エリート : リーダー フザイ ノ エンゲン オ サグル
書名別名 リーダー不在の淵源を探る

Nihon no erito
シリーズ名 朝日新書 511
出版元 朝日新聞
刊行年月 2015.4
ページ数 228p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-02-273611-6
NCID BB18509916
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22578019
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想